GMAP(CT)の検査は、管理職試験などに利用されています。

GMAPには、CT編とBF編が存在するがBF編は記述式のケースワーク、CT編が非言語に相当し60分で30問の推論と図表を解くものです。
推論と図表の難易度高く、ひねったものが多いのが特徴です。
図表では正しい主張を選ぶような問題が出題されます。

GMAPも基礎数学力はとても重要です。割合、推論の単元において高い思考力が求められます。日ごろからニュースを見ながら考える癖をつけておきましょう。

その上で、GMAPに出題される難易度の高い推論に対応するために「考え方の癖」、つまり思考のフレームワークを持っておくことが必要です。

ここが違う!大人塾流GMAP(CT)検査対策講座


学習段階を細かくし、少しずつ実力をつけていく
学習単元が細かい段階に分かれていることで、少しずつ、確実にできるようになる、を実感できます。


大量の問題を解く
1単元につき20問以上の違う問題を用意することで、復習している感覚なく、繰り返し学習できるようにしました。

ここが違う!大人塾流数学勉強方法

基本的なところから少しずつ難易度を上げていく

大人塾のGMAP(CT)対策講座は方程式の基本から43段階に分かれています。難易度・出題頻度により重要度を分けており、時間が無い方・苦手な方は重要なものだけ学習することもできます。また、基本ができている方は基本部分を飛ばすことができます。

問題に対応した解説を読み、理解する

単元ごとに、解き方の解説があります。解説は理解に合わせて自分のペースで見ることができるので、周りの人に合わせる必要はありません。

大量に問題を解いて問題に慣れる

飽きるくらい同じ問題を解くと、その問題を見た瞬間に解けるようになります。最初はゆっくりしか解けなくても、類問を解くことで体が覚えていきます。それが1問でも多く解けるコツです。

学習範囲

※論理的思考力/判断力(数学的判断推理、論証1、論証2)を学習する講座です。文書理解、論理構造把握は含まれませんのでご注意ください。
すでにスキルがある単元については飛ばして学習ができます。

数学の基礎範囲:方程式、割合の基礎
図表・グラフの読み取り:入門、クロス集計、各種グラフ
確率:樹形図、種類の組み合わせ、確率入門、積の法則、和の法則
推論:順位、位置、内訳、ウソツキ、対偶
その他:工程表
模試:図表1タイプ、論証2タイプ(通学の場合4タイプ)

よくいただく質問

どのくらい勉強時間が必要ですか

人により異なりますが、数字に慣れている方であれば、トータル20時間くらいの勉強時間を見ておくと良いでしょう。

模試はいくつありますか

通学の方には論理対策の問題4タイプ+計数の対策として、図表の読み取り(ランダム問題)、オンライン講座の場合には論理対策の問題2タイプ+図表の読み取り(ランダム問題)が用意されています。

受講方法

通学とEラーニングの二つの受講方法をご用意しています。

通学とEラーニングの違い

通学

講師が付く個別学習です。新宿区高田馬場にある教室に通って学習します。

通学のメリット

・勉強のための環境、時間が確保できる。
・単元の解説、計算方法の効率化など、自分にあった指導、アドバイスを受けられる。
・得点源の強化、捨て問の選択など、具体的な戦略を聞ける。
・模擬試験をペーパーで受験でき、試験用紙を持ち帰れる。

料金

必要な時間数、試験までの期間が長いと単価がお安くなります。
例)試験が2ヶ月以上先の方 8コマ20,240円 32コマ63,360円

Eラーニング

パソコンやスマートフォンで教材学習、問題演習を進めます。通学と同じ教材を使います。

Eラーニングのメリット

・遠方でも受講できる。
・いつでもどこでも学習できる。
・期間中、いつでも自分のペースにあわせて教材や問題を反復学習できる。
・通学に比べ、受講料を抑えることができる。

料金

しっかり学習できる15,300円/30日のコースがあります。

NMAT対策Eラーニング