SPI,GABなど試験対策について

就職活動、正社員登用、専門学校入学、職業訓練校、大人になってもさまざまなシーンで数学のテストがあります。
ここでは、一部の数学のテストの対策方法を知ることができます。


テスト対策と言われてもどうやってやればいいのでしょうか


テスト対策で重要なのは
・出題傾向を知ること
・得点源を作ること
です。


どの参考書を買えばいいのでしょうか


はい、まずは、どのテストを受けるかを知る必要があります。テストによって出題傾向が全く違うので、初動を間違えると対策の意味がなくなってしまいます。ですから、テストの種類が解るまで、参考書は買ってはいけません!


どういう風に勉強を進めていけばいいですか?


最初から難しい問題を解くのではなく、最初は解ける問題から、少しずつ数学に慣れていき、解ける問題を増やしていくことが重要です。また、試験には制限時間があるので、式を立てられるようになった問題は、時間内に解くことを意識してください。確実に解ける問題、つまり、得点源を増やしていくという考えで勉強をしていきます。


得点源を作るというのはどういうことですか?


絶対に得点する問題と、捨てる問題を決めることです。テストは満点を取る必要はありません。制限時間もあるので、確実に解ける問題を増やしていくという対策が必要です。


数学超苦手なんですけど、対策してどうにかなるものですかね


はい、数学苦手な方、とっても多いです。でも、子どものころより、大人になってからの方が、数学が生活で身近なものになっていますから、学んで楽しいと思う方が多くいらっしゃいます。「どうして数学嫌いだったんだろう」と、受講生の方がよく仰います♪ 最初は辛いですが、解ってくると意外と楽しいものです。テストはきっかけですが、楽しみながら進めていくと、結構合格するものですよ♪

各試験対策の方法はこちらから