NMATとは

NMATとは、リクルート社が提供するマークシート形式のテストです。管理職登用試験として利用されています。広い分野から出題されます。論理力、判断力を測るためのテストです。

NMATの時間、問題数は?

27問35分と問題数も多く、問題を把握するスピード、解くスピードどちらも要求される質の高いテストです。

NMATの内容・出題範囲は?

出題範囲は集合(3軸)、推論、割合、図表の読み方、フローチャート、グラフの読み方、論理(かつ、または)、工程表です。
簡単な問題から難しい問題まで出ています。

NMATの形式は?

マークシート形式です。電卓は持ち込めません。

よくある質問


NMATの出題範囲は?


中学校1年生までの数学知識で解けますが、比較的難度の高い問題が出題されます。瞬時の判断力、論理的思考能力が求められます。

NMAT対策 高得点を取る勉強のコツ

計算力を鍛えるべし!!

NMATは27問35分なので1問あたり1分10秒程度で解く必要があります。つまり、計算が遅いと圧倒的に不利です。
分数・小数の計算ってどうやるんだっけ・・・という方は、大人塾で用意している「基礎計算コース(無料)」(別ウィンドウが開きます)をご利用ください。

割合を押さえるべし!

割合の知識をしっかり押さえましょう。割合は計算式にするときに意外と戸惑いやすいもの。しっかりと割合を見直してから学習しましょう

数多くの問題を解く

NMATで高得点を取るためのカギは、「瞬時に判断する力」です。それは、数少ない問題を解いていてはは鍛えられません。
野球でいう「千本ノック」が重要です。

数学が苦手な方の「やってはいけない」3つの勉強方法

時間内に解き、なるべく高得点に結びつけるためにやってはいけない3つの勉強方法です。

(1)自分のレベルを超えた難しい問題から解こうとする

「難しい問題を解ければ簡単な問題を解けるようになる!」とばかりに、最初から難しい問題を解こうとするのは、時間の無駄です。まずは基本的な問題から抑えていくことが重要です。基本がきちんと分かっていれば、応用が利くようになります。難しい問題にこだわらないで、できる範囲を少しずつ優しいところから増やしていきましょう。

(2)基礎を疎かにする

基礎が出来ていない場合、文章題の出題傾向が変わると対応できなくなってしまいます。
ここでいう基礎は・一元一次方程式・簡単な立式(鶴亀算など)・割合を指します。
この3つが出来ていないと、分割や損益算で前に進まなくなってしまいます。

(3)解けたら満足してしまう

1問解説を見て解けるようになって満足していませんか?
NMATは、制限時間があるテストですので、ゆっくり考える時間がありません。
ゆっくり考えずに解くためには、とにかく問題の数をこなす必要があります。
数学に対して苦手意識を感じている多くの方は、1問解けると「解けたから」ともう一度解かなかったり、早く解く意識をしなかったりします。それでは高得点をねらえません。

どんな参考書がオススメ?

お薦めは、大人塾のNMAT対策講座です。通塾とEラーニングをご用意しています。
とにかく問題を多く解くことで判断力を養い、高得点につながる対策をしています。
また、最新の情報に対応しています。

NMATに関する本は非常に少ないです。下記2冊は目を通しておきましょう。