思い出そう!四則計算に挑戦!

2×(1-11×6)+3

を計算しましょう。
このとき、計算の順序や符号なども注意して計算してみて下さい!

解答

計算の順序って、どうだったっけ?


まず思い出してほしいのは、計算の順序です。
順序としては、

「()内→かけ算・わり算→たし算・ひき算」

でしたね。それでは、この問題をもう一度見てみましょう。

2×(1-11×6)+3

さっそく、計算に入ってみよう!


この式には()があるので、()内をまず計算していきます。
()の中を見ると、1-11×6となっています。

この中には、ひき算とかけ算が混ざっていますが、
計算の順序を思い出すと、

「()内→かけ算・わり算→たし算・ひき算」

なので、先にかけ算である「11×6」をします。
すると、()内の式は、

(1-11×6)=(1-66)

となります。

さらに()内の計算を続けると、(1-66)=(-65)となります。
よって元の式は、

2×(1-66)+3=2×(-65)+3

となりました。

()内の計算が終わったので・・・


2×(-65)+3

この式でも同じように、

()内→かけ算・わり算→たし算・ひき算

の順に計算していきます。

この式ではもう()内を計算しつくしたので、
次にかけ算、わり算を探します。

2×(-65)+3には「2×(-65)」の部分にかけ算があるので、
先にこの部分を計算します。すると、

2×(-65)+3=-130+3

となります。あとは、-130+3をすれば終了です。

-130+3=-127

よって答えは-127となります。

答え -127

大人塾基礎計算コース