計算法則の復習(分配法則)

次の計算をしましょう。

773×43+227×43

今回の主人公は分配法則です。
これによってどのように計算が楽になるのでしょうか?

解答


今回は、分配法則を復習しよう!


今回も前回までと同様に、計算法則によって計算が
どのように楽になるのかを見てみましょう。

まずは、今回の主役の分配法則についての復習です。

分配法則
ある数a、b、cにおいて
a×b+a×c=a(b+c)
が成り立つ。

今回も、この式を噛み砕いてみると、

2つの項(ここでは、a×bとa×cのこと)に同じ数aがかかっているときは、
aを前に追いやって残りのbとcをたし算することが出来る」

という感じになります。

分配法則を実際に使ってみよう!


それでは、この問題に分配法則を使ってみましょう。

まず、今回は「773×43+227×43」という式の中には、
773×43と227×43という2つの項があります。

さらに、この2つの項には、
「43」という同じ数がかかっている
ということに注目してください。

なので、この式に分配法則を使うことが出来ます!

773×43+227×43=(773+227)×43

このようになりました。

この計算はとても簡単!


何となく分配法則を使って(773+227)×43というように式を
変形してみましたが、実はこれ、すごく簡単に計算が済みます。

それでは、どう簡単に済むのかを実際に見てみましょう!

まず、()内の「773+227」を計算すると、

773+227=1000

なんと、ちょうど1000になってくれました!
このおかげで、残りの計算は楽に済みます。やってみましょう。

(773+227)×43=1000×43
            =43000

よって、この問題の答えが分かりました。

答え 43000

分配法則も結合法則や交換法則と同じように、計算を楽にしてくれる
道具なのです。