MENU

試験の種類は以下のようなものがあります。

リクルート社・SPI系

最も利用されている試験です。

SPIの中での見分け方!私が受けるSPI試験はどの種類?

SPIだと言われている、でも、どの種類か解らないという時は、とにかく情報を集めてどのテストかを調べましょう。
テストごとに特殊な出題傾向があり、それを全て網羅するとなると、とても時間がかかります。
SPI試験の種類について

(1)テストセンター

東京であればお茶の水などのテストセンターで受験するもの。
性格診断だけは自宅で受験し、実際のテストはテストセンターで受験します。
テストセンターを利用する会社がとても増えています。テスト結果の使いまわしが可能です。
出来具合によって出題傾向が変わります。
→テストセンターの出題範囲・対策方法

(2) ウェブテスティング

自宅や会社のパソコンで受けるもの。転職時や就活時の一次テストに使われることが多い。
電卓が使えるため、比較的難易度が高い。特殊な問題が出るので対策が必須
URLがaurora
→ウェブテスティング対策の出題範囲・対策方法

(3) SPI-G,JMAT

契約社員から正社員登用にも使われる。
JMATと試験タイプが同じなため、JMATを受けるかたもSPI-Gの対策を取っていれば大丈夫です。
→SPI-Gの出題範囲・対策方法
→JMATの出題範囲・対策方法

(4)SPI-U,NMAT

ペーパーテスト。最近は契約社員から正社員になるときに利用されている。
バランスのとれているテスト、難易度高い。
NMATと内容が似ています。
→SPI-Uテストの出題範囲・対策方法
→NMATテストの出題範囲・対策方法

SHL社(玉手箱、GAB系)

最近、採用が増えてきているのが「玉手箱」「GAB」「C-GAB」です。

ペーパー

∟GAB:言語と計数(表・グラフの読み取り)
∟GABコンパクト:GABの難易度をあげて時間を短くしたもの
※企業によって電卓可の会社もあります。
プログラマー職などではない限り、通常はGABまたはC-GABになります。
→GABテストの出題範囲・対策方法

ウェブ

∟玉手箱(自宅受験):言語、計数(四則逆算、図表の読み取り、表の推測)、英語
∟C-GAB (会場):玉手箱を会場で受けるもの。言語、係数(図表の読み取りのみ)、電卓不可
玉手箱、C-GABは殆ど内容が変わりません。多くの会社は玉手箱またはC-GABを利用します。
玉手箱も企業によっては四則逆算、表の推測がない場合があります。

→玉手箱の出題範囲・対策方法

その他

そのほか、TG-WEB,CUBIC,SCOA独自試験などがあります。
TG-web…四則逆算や図表の読み取りが出ます
CUBIC…数列、濃度などが出ます
SCOA…方程式や推論が出ます
GMAP…管理職試験で使われます。論理的思考能力などが求められます。
クレペリン…数字をひたすら足していく「性格テスト」です。数学のテストではありません。

テストの種類がわからない

独自テストであったり、テストの種類がわからない場合、
1) 時間、場所、数学についての表記(計数など)から推測する
2) 何が出てもいいように、広い範囲で学習する(ただし、時間がかかります)
3) 独自テストの場合、人事の顔を思い浮かべながらこの出題が来そうだと探る
する手立てをとりましょう。

当教室で過去に受講した方の情報が生かせる場合もあります。
会社名をお知らせいただければ、調べることも可能です。